会社概要

商号 SKECHERS JAPAN 合同会社
(英文名称:SKECHERS JAPAN G.K.)
設立年月日 2011年8月
所在地 〒105-7136
東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター36階
代表者 日本法人代表 David K. Toda
事業内容 スケッチャーズ製品等の輸入、販売、またそれに付帯する一切の事業

Skechers USA, Inc.

パフォーマンスおよびライフスタイルのフットウェア業界における35億6千万米ドル規模のグローバルリーダー(2016年末時点)であるSkechers USA, Inc.は、メンズ・ウィメンズ・キッズ用の3000を超えるスタイルのフットウェアのデザインや開発、マーケティングを手掛けています。スケッチャーズの成功は、その従業員、クォリティの高い様々な商品群、多様化した米国内外における流通チャネル、そしてターゲットを絞り込んだマルチチャネルマーケティングに起因します。

スケッチャーズは、ライフスタイル部門とパフォーマンス部門の二つの異なるフットウェアカテゴリーで商品を展開しています。また、ライセンス契約を通して、スケッチャーズブランドのアパレルやアクセサリー、アイウェア、スクラブ(看護師用ユニフォーム)なども取り扱っています。

数多くのセレブが、スケッチャーズのライフスタイルコレクションを推奨しています。例えば、数多くのヒット曲を持つアーティストのカミラ・カベロ、モデル兼女優のケリー・ブルック、テレビパーソナリティのブルック・バーク・シャルヴェ、またデビッド・オルティーズ、シュガー・レイ・レナード、ハウィー・ロングなどのスポーツレジェンド達です。スケッチャーズのパフォーマンス部門では、ボストンマラソンを初めてとしたマラソンレースの勝者であるメブ・ケフレジギ、エリートランナーのカラ・ガウチャー、更にはマット・クーチャー、ブルック・ヘンダーソン、ラッセル・ノックス、ウェズリー・ブライアン、ビリー・アンドレード、ベレン・モゾ、コリン・モンゴメリーといったプロゴルファーを含むエリートアスリートが名を連ねています。

スケッチャーズのフットウェアは、百貨店や専門店、また2400店以上のスケッチャーズストアおよびオンラインショップで販売しています。アメリカ以外にも、カナダ、日本、ヨーロッパ、中南米における子会社、そしてアジアや中東地域におけるジョイントベンチャー、そして世界中のディストリビューターを通じ、160以上の国と地域で販売されています。

米カリフォルニア州マンハッタンビーチを拠点とし、ティッカーシンボルSKXで、ニューヨーク株式取引所で取引されています。